TOP > 京都のおいしいもん > ラーメン通り

京都のおいしいもん

ラーメン通り

京都の代表するラーメン屋さんのチェーン店としては、知名度としてはダントツかもしれない「テンイチ」こと「天下一品」があり、マトリックスのキアヌ・リーブスがある店舗にきたことで有名な「新福菜館」、その他には 「第一旭」とか、「横綱」、「ラーメン藤」が有名やと思います。

左京区一乗寺/高野界隈

左京区一乗寺は京都でも最大のラーメン屋集積地帯とされてて、雑誌などでもラーメン激戦区と取り上げられることもあるほどで、それほど活況な場所ではないにも関わらず、ラーメン屋さんの前だけ行列がいくつも出来るんです。代表的な行列のできるラーメン屋さんは以下の通りです。
  1. 天天有(てんてんゆう)
    こってり系。界隈の先駆的お店で、鶏ガラ白湯に豚骨をミックスした最初の店と言われててチャーシューの美味しさには定評があって長い間人気を保っていて現在でも行列ができてしまいます。
  2. 高安(たかやす)
    こってり系。限定メニューのスジ肉の煮込みがのってるスジラーメンが特に人気があって時間帯によっては売り切れてしもうて食べられないかもしれません。サイドメニューの鶏の唐揚げもとても大きくてカレー風味で人気があって常に行列が出来ています。
  3. 珍遊(ちんゆう)
    背脂醤油系。もともとは屋台から始まったらしいんやけど今の店主さんは屋号を引き継いだだけで、初代創業者とは直接あんまり関係はないそうです。価格が安くボリュームがあるので、固定客は多いんやそうですけど、他からくらべると比較的行列は少ないです。
  4. 鶴はし
    鴨を使った独特のコクのあるスープあっさり系。基本は鶏ガラと鴨をミックスしたスープなんやけど日によってはスープが変わってしもたりしてしまうので、何とも言えへんのですけども、鴨100%のスープは独特の風味を持ってて熱狂的なファンも多いらしいですし、化学調味料は一切使たらへんらしいのはちょっと嬉しいかもしれまへん。
  5. あきひで
    ちょっと魚介の風味があるこってり系。唐揚げのお肉はとてもやらかくジューシーで衣はパリっとさくっとしてて美味しいのでセットメニューが人気。面の太さやスープの味、唐揚げの個数など色々なバリエーションがあります。事実上の不定休で臨時休業が結構多いので確認してから行かはったほうがええかもしれません。
  6. 天宝
    店舗の見てくれも結構味があって豚の角煮と野菜あんがのっかってる独特の非京都ラーメンは美味しいんやけど、スープが無くなったりお客さんが途絶えたりしたら閉店しはったり臨時休業しはったりでなかなかお客さん泣かせの店としても有名なんやそうです。
  7. ラーメン荘 夢を語れ
    非京都ラーメンなんやけど若い男性でも食べきれへんほどのごっついボリュームが売りで人気がある店の1つで、常時行列が出来ています。マスターが吉本の元芸人さんとかの噂もあります。

伏見区界隈

伏見界隈も左京区一乗寺と並んでラーメン屋さんの激戦区や言われて多くのお店が点在してはります。
  1. 萬福
    新福菜館のお弟子さん筋であっさり系のスープで深草に本店があって南区の下鳥羽にもお店があります。
  2. 大中
    こってり系やけど麺の堅さやら醤油ダレの味付けやらチャーシューやらいろいろと細こう注文できて、さらに温泉玉子やら白菜キムチのトッピングがタダで出来るのはものすごうれしいですね。
  3. 大黒
    こってり系でラーメンもサイドメニューのチャーハンも値段がお安いのでがっつり食べたいお人に人気があります。東福寺にもお店があるそうです
  4. 一番星
    柴漬けが添えてあってこってりとしたラーメンの口直しにはほんによう合うてます。岡崎にも姉妹店があります。
  5. 銀閣
    今は国道沿いにあるんですけど元々は銀閣寺の近くで営業してはった屋台が始まりでこの屋号になったんやそうです。こってり系。
  6. しるそばたか
    濃厚な背脂醤油系がメインの売りなんやけど、塩ラーメンやこってり系の白湯スープのラーメンもあったりしてどれも人気があるんやそうです。
  7. 太陽軒
    こってりの背脂醤油系も塩ラーメンや中華そばのあっさり系のどちらもお値段がちょっとお安いからか人気があるんやそうです。

その他、変わりラーメン

  1. 「めん馬鹿一代 」:上京区 丸太町
    「危険につきカウンター席のみ」と意味ありげに書かれた「ネギラーメン」が名物のお店。 ラーメンの上にぎょうさん盛られたおネギに煮えたぎったネギ油をかけはるんでパチパチ油が跳ね飛んで、ほんに香ばしい香りに食欲を掻き立てられるのとネギに甘みが出ておいしいなるんやそうです。見た目のパフォーマンス的に派手なせいかマスコミに取り上げられることも一時あったんやけど、今ではお客さんもちょっと落ち着いてきはった感じはあります。スープ自体は、トンコツと鶏ガラのだしに和風だしを合わせたあっさりとした醤油味。
  2. 「東龍」:左京区 北白川
    こってり系の発展系ともいえる野菜を使った黄色味がかったこってりというよりクリーミーといった感じのポタージュスープのような「東龍そば」がメインですが、その他にも東京風中華そばも有ってこちらも人気が高くて、京都のラーメン店では珍しく麺は縮れ麺を使っていて行列が出来ることも珍しくないほどの人気店やったんですけど、店長さんが不祥事を起こしたりして今ではあんまり元気がないみたいです。
  3. 「玄屋」:伏見区 深草
    酒粕を使ったラーメンが一時期話題となって人気が出たんやけど場所的にもなかなかついでがないし、車も置けないので地元民としてはわざわざ行く人も少なくなって来たようですが、それでも休みの昼時とかは行列が並ぶこともあったり、情報をもってる観光客とかには人気あるようです。
ページのトップへ↑
TOP > 京都のおいしいもん > ラーメン通り
投稿のお願い! 京都市内にまつわる噂を知っていたらこちらまで現在到着の噂はこちら