TOP > 京都の古都こと > 上ル下ル(あがるさがる)って?

京都の古都こと

※べんがら:京町家の代表的な様式の格子窓を塗った酸化鉄を主原料とした赤褐色の顔料

上ル下ル(あがるさがる)って?

通り表記(例)

京都市中心部の道は、碁盤の目状に整然と区画されていて、すなわち数学のXY座標のようなもんなんどす。

南北に走る通り(タテ)と東西に走る通り(ヨコ)の交差した地点を起点に北に向かう事をあがる(上ル)、南に向かう事をさがる(下ル)といい、東西はそれぞれひがしいる(東入ル)、にしいる(西入ル)と言うてるんどす。

京都の住所は他府県に比べて長くて解りづらいと言われまっけど、一見複雑そうに見えても基本的には「高倉通錦小路上ル」とか「東洞院通六角下ル」とか位置する通りから見て交差する通りからどっちの方向かで示されておるんどすねん。

例えば
「河原町通り四条上ル二筋目西入ル」(右図参照)

・・・※実際にはこのような小道はあらへんけど・・・

これは「河原町通りを四条通りとの交差点から北へ二筋目の小道を西へ行ったとこやで」となりますよって、これに慣れればガイドブックなんかの書いてある住所なんかもたいがいの場所に見当を付ける事が出来て地図を見いひんでも位置をイメージできるかもしれまへんねぇ。

ほな、それぞれの通り名を覚えてもらいまひょか!

かつての市電の停留所の名前に由来して交差点に名前がついている所も覚えておくと便利。

  • 銀閣寺通(白川通今出川)
  • 百万遍(今出川通東大路)
  • 白梅町(今出川西大路)
  • 円町(丸太町西大路)
  • 西院(西大路四条)
  • 熊野(丸太町東大路)
  • 三条京阪(川端三条)
  • 京阪国道口(九条国道1号線)など
ページのトップへ↑
TOP > 京都の古都こと > 上ル下ル(あがるさがる)って?
投稿のお願い! 京都市内にまつわる噂を知っていたらこちらまで現在到着の噂はこちら